環境Environmental

いちごグループの取り組み

心築(しんちく)の社会的意義

建物を「壊す」から建物の価値を「活かす」

現存ストックを有効活用し、
不動産の経済耐用年数の長期化、質の向上を図る
現存ストックを有効活用し、不動産の経済耐用年数の長期化、質の向上を図る

地球に優しく安全性に優れたクリーンエネルギー

  • 年間発電量
    158,586,005 kWh

    約52,862世帯分の
    年間消費電力を発電
    • 電気事業連合会資料
      1世帯当たりの年間消費電力 3,000kWh
  • 年間CO2削減量
    104,666,758 kg

    約45,507台分の
    年間CO2排出量を削減
    • 環境省資料
      車の排出ガスによる年間CO2排出量 約2,300kg/台

(2019年7月~2020年6月いちごグリーンおよびいちご合算値)

自然災害への対応

多発する自然災害(地震、大雨、台風等)において、
保有するすべての不動産、発電所で人的・物的被害はなし

不動産:常に安全性確保と耐用年数向上に向けた工事を実施
発電所:適正な立地選定、地域特性に合わせた綿密な設計

安心、安全な管理体制

  • 大雨、台風発生前の止水板や土のう設置等の事前対策
  • 人的な安全を最優先し、プロパティマネジメント(PM)会社等と連携のうえ、被害の有無を早急に確認
  • 社内エンジニアリングチーム等が災害当日に現地入りし、エリアに保有する物件すべてを目視確認、二次被害防止、物件価値の維持
  • 災害時、保有物件の被害状況確認、情報共有を目的とした自社開発システム「サスポート」を導入

サステナブル不動産の取り組み(環境認証の取得)

【いちごオフィス(8975)】

CASBEE (建築環境総合性能評価システム)

【Sランク】

  • いちご高松ビル

    いちご高松ビル

  • いちご丸の内ビル

    いちご丸の内ビル

【Aランク】

  • 恵比寿グリーングラス
  • いちご堺筋本町ビル
  • いちご仙台イーストビル
  • いちご神田錦町ビル
  • いちご池之端ビル
  • いちご・みらい信金ビル
  • ウィン第2五反田ビル

GRESB リアルエステイト評価

GRESBリアルエステイト評価は、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設された、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)のパフォーマンスを測る年次のベンチマーク評価です。 いちごオフィスは、GRESB リアルエステイト評価において「マネジメントと方針」および「実行と計測」の両面で評価され、「Green Star」を4年連続で取得いたしました。また、相対評価に基づく「GRESB レーティング」(5 段階評価)においては「3 Star」の評価を得ました。

GRESB

その他、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)、DBJ Green Building認証を取得